スポーツに関することを中心に、ライブ活動(裏方)についても書きつづっています。 一口馬主に関すること、競馬予想も随時書いていきます!9年間発行しているメルマガもよろしく!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
日本語にすると、日本杯でお酒っぽいですが競馬ですw

今年は凱旋門賞での1・2着馬、牝馬三冠馬が参戦で、
注目度の高いレース。

去年は牝馬のブエナビスタが勝ち、
3着に14番人気のジャガーメイルが入って、
3連単は32万馬券でしたが、今回は果たして・・・


近年のジャパンカップを見ると、牝馬の活躍が目立つ、
昨年の覇者ブエナビスタはその前年に2着と、2年連続の連対、
(ブエナビスタは1位入線も2着に降着で実質連覇とも言える)
3年前はウオッカが勝ち、レッドディザイアが3着に入る成績、
4年前にはウオッカが3着と、ここ数年の傾向から牝馬は侮れない。

外国馬を見ると、これといった活躍は見られない、
昨年1番人気に推された3歳牝馬デインドリームは6着、
近5年で見ると、3年前に3番人気で4着だったコンデュイットが最高、
今回は凱旋門賞馬ソレミアの参戦で、それ以上の成績を残せるか注目、
血統的にはノーザンダンサーのクロスがあり、力のいる馬場が有利、
日本の軽い馬場は不安も、土曜の10R芝2000mでナムラオウドウが勝った、
こちらもノーザンダンサーのクロスを持つ馬で、注意が必要。

日本馬での注目はやはり春のグランプリホース、オルフェーヴル、
前走となる凱旋門賞では、僅差の2着と力を見せてくれた、
ただ今回は大外17番枠、逸走してしまう可能性があるだけに怖い、
しかし実力は文句なしで、地の利を活かせば凱旋門賞の雪辱は果たせる。

もう一頭の注目は今年牝馬三冠を達成した、ジェンティルドンナ、
オルフェーヴルと同じサンデーレーシング所有馬、
近年の傾向から牝馬に注目するなら間違いなく筆頭、
3歳牝馬で斤量差が4キロ、これはかなり有利。

人気の盲点になりそうなところで注目は、ダークシャドウ、
国内に限って右回りコースでは勝ち鞍がないものの、左回りでは5勝、
全7走しているが連に絡まなかったのは前走天皇賞・秋の4着のみ、
あまり目立たないが、大崩れしないタイプで、馬券に絡む可能性は十分ある。

3歳馬の活躍も近年目立つだけに、実績のある3歳場にも牡馬牝馬問わず注意。

まとめると、今回の印は次の通り。

第32回 ジャパンカップ

◎17オルフェーヴル
○15ジェンティルドンナ
▲4フェノメーノ
△8エイシンフラッシュ
△10ダークシャドウ
△14ソレミア
注13ルーラーシップ

最終判断はパドックで。

何にしても注目は、オルフェーヴルの雪辱!!

1207.gif
新宿RUIDO K4での主催ライブ 詳細は ⇒ セルツァミュージック主催ライブ情報ページ
 
スポンサーサイト
競馬予想 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gaia.blog2.fc2.com/tb.php/1172-ca3373e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲ダウンロードOnGen▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。