スポーツに関することを中心に、ライブ活動(裏方)についても書きつづっています。 一口馬主に関すること、競馬予想も随時書いていきます!9年間発行しているメルマガもよろしく!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
優勝候補イタリアの初戦は初出場のガーナ、
しかしガーナはワールドユースの優勝経験もあり、
アフリカ勢で注目のチーム。

試合はほぼイタリアペースで進んでいく、
ガーナもここの能力の高さから攻撃を阻む、
両チームとも、攻撃されてはカウンター、
攻撃されてはカウンターと、スピーディー攻守交替、
見ていてあっという間に前半も終盤に差し掛かった。

と、ここでイタリアがトッティのショートコーナーから、
左サイドのピルロへパスさせると、そのままミドルシュート!
見事ガーナゴールに突き刺さり先制点を挙ける!

パワー・スピード・コース全て完璧なシュートでした。

前半はこの1点で終了。

後半はイタリアがトッティに替えてカモラネージを投入、
直前で怪我をしたということもあり、大事を取った模様。

その後ガーナは持ち前のスピードで攻め続けるが、
チャンス手前で、イタリアの堅い守備に阻まれる、
攻め疲れもあってか、ガーナのバックパスが弱く、
詰めていた途中交代のイアキンタが空のゴールにシュート、
2点目、これで勝負あり。

最後はデルピエロも入り、見所満載の試合でした。

やはり格が2つも3つも違うイタリア、
得点こそ2点だが、点を取られることが想像できない守備、
1対1の強さ、中盤でのボールを奪ううまさ、
しっかりしたディフェンスラインと、
シュートを打たせないポジショニング、
何をとっても言うことなし、もちろん最後にブッフォンがいる
これも実に大きい、前回はトッティの退場などあって、
良いところなしに終わったが、今回は最後まで楽しめそう。

イタリア2 0ガーナ
前半1-0 後半1-0

イタリア得点
アンドレア・ピルロ(前半40分)
ヴィンチェンツォ・イアキンタ(後半38分)

ガーナ得点
なし

この試合の詳細、写真などは公式サイトでどうぞ!

ポッドキャストブログはこちら
スポンサーサイト
2006ワールドカップ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gaia.blog2.fc2.com/tb.php/269-9d389058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲ダウンロードOnGen▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。