スポーツに関することを中心に、ライブ活動(裏方)についても書きつづっています。 一口馬主に関すること、競馬予想も随時書いていきます!9年間発行しているメルマガもよろしく!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
昨年の覇者で日本と同じグループのブラジルが登場!
対するは、東欧のブラジルと呼ばれた旧ユーゴの、
クロアチア、そう、日本が勝たなければならない相手!

試合は終始ブラジルペース、
早速襲い掛かるロナウジーニョの足技、
果敢に上がる、左ロベカル右カフーのサイド攻撃、
ゲームメイクの中心になるカカ、実に豪華で・・・。

しかし、そんなブラジルが先制点を挙げたのは、
試合開始から44分、つまり終了間際のこと。

カフーから出されたボールを、カカがミドルシュート!
これが見事クロアチアのゴールに突き刺さる、
ブラジルはやっと1点を挙げた。

時間も無く前半はこれで終了。

後半も主導権はブラジル、
クロアチアがボールを持つ時間はあるものの、
いざ攻めていこうとすると、押さえられてしまう、
そんな試合内容を繰り返すだけで、攻められない、
ブラジルもそれ以降、なかなかシュートを打てない、
特にロナウドはほとんどシュート機会が無いまま、
交代直前に1つミドルを放つが、枠には入らず、
後半の24分快足ロビーニョと交代、まだ体調は万全ではない。

ブラジルのミスもあり、クロアチアのチャンスも生まれるが、
堅いディフェンス力に手が出ない、クロアチアの攻撃から、
ブラジルがボールを奪いカウンターを仕掛け、
カカが2点目を狙うが決まらない、
マークの厳しいロナウジーニョも思うように動けず、
アドリアーノもあまりシュートを打てず。

開幕戦と言うこともあり、押さえ気味だったのか、
このまま後半が終了し、試合終了。

スコアは1-0でも、危なげの無い試合でした、
ただ、ロベカルやロナウドと言ったベテラン勢の、
ミスが結構目立ったのは、不安材料と言えるかもしれない。

日本のためにには、3点4点とブラジルに取って欲しかったが、
どうやら実力でクロアチアへ点差をつけて勝つしかないようだ。

これによりグループFの順位は、
1位オーストラリア 勝ち点3 得失点差+2
2位ブラジル    勝ち点3 得失点差+1
3位クロアチア   勝ち点0 得失点差ー1
4位ジャパン    勝ち点0 得失点差ー2

ブラジル1 0クロアチア
前半1-0 後半0-0

ブラジル得点
カカ(前半44分)

クロアチア得点
なし

ロナウドの直筆サイン入りユニフォーム、証明書付で発見!

この試合の詳細、写真などは公式サイトでどうぞ!

ポッドキャストブログはこちら
スポンサーサイト
2006ワールドカップ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gaia.blog2.fc2.com/tb.php/272-bdd3ac1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲ダウンロードOnGen▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。