スポーツに関することを中心に、ライブ活動(裏方)についても書きつづっています。 一口馬主に関すること、競馬予想も随時書いていきます!9年間発行しているメルマガもよろしく!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
7日目の第2試合はグループB、主審は日本の上川さん、
この試合で勝てば決勝トーナメント進出がきまるイングランド、
対するはスウェーデン相手にスコアレスドローを演じ、
まるで勝ったかのうな喜びを表したトリニダード・トバゴ。

試合は速い展開の両チームが、息をつかせぬ攻防戦を見せる、
スウェーデンを完封したトリニダード・トバゴの守りは堅い、
ルーニーの欠場や、オーウェンの調子がイマイチなどで、
初戦はオウンゴール1点のみだったイングランド、
この試合もなかなか得点が出来ない。

両チームとも、サイド攻撃で何度かチャンスを作るものの、
点につながることは無く前半が終了。

後半13分にイングランドが動く、
DFのキャラガーに替えてMFのレノンを投入、
オーウェンに替えて、ついにルーニーが登場。

時間は次第にイングランドに偏ってくる、
後半の38分、ベッカムからクローチへ、
それを見事に頭で合わせて、やっと先制点を挙げる。

さらにロスタイム1分、
再びベッカムから出たボールを、
上がってきたジェラードが強烈なミドルシュート!
これが駄目押しの2点目。

イングランドは勝ち点を6として、
決勝トーナメント進出を決めました。

良い形のゴールが生まれたイングランド、
次第に調子を上げてきそうで、1試合1試合が楽しみ。

イングランド2 0トリニダード・トバゴ
前半0-0 後半2-0

イングランド得点
ピーター・クローチ(後半38分)
スティーヴン・ジェラード(後半46分)

トリニダード・トバゴ得点
なし

この試合の詳細、写真などは公式サイトでどうぞ!

ポッドキャストブログはこちら



ルーニー直筆サイン入りユニフォーム発見!
スポンサーサイト
2006ワールドカップ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gaia.blog2.fc2.com/tb.php/278-d3dd5440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲ダウンロードOnGen▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。