スポーツに関することを中心に、ライブ活動(裏方)についても書きつづっています。 一口馬主に関すること、競馬予想も随時書いていきます!9年間発行しているメルマガもよろしく!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
グループDの1試合目となるこの試合、
メキシコが勝てば、決勝トーナメント進出決定、
負けるとピンチになる1戦でした。

アフリカ特有の身体能力をフルに生かして、
スピードある攻めを続けるアンゴラ、
得意のサイド攻撃でチャンスを作るメキシコ、
激しい攻守の交代が続く、ともかく激しい試合で、
好プレー続出で書ききれない。

後半に入ると、メキシコの攻め、アンゴラの守り、
これが繰り返される、そんな中素晴らしいセーブを見せる、
アンゴラのキーパー、ジョアン・リカルド、
飛び出して良し、反応して良し、まさに神がかり、
いくらシュートを打っても点を許さない。

しかしアンゴラが最大のピンチを迎える、
メキシコがカウンターで右サイドへボールを出したところ、
思わず右手でボールを止めてしまったアンゴラのアンドレ、
この日2枚目のイエローカードで退場、
一人少なくなったアンゴラは、残り10分を守りきる作戦に。

キーパーに加えて各選手のディフェンスが粘り、
メキシコに点を許さない、このまま試合終了。

これによってメキシコは勝ち点4、アンゴラは勝ち点1、
アンゴラにとっては初の勝ち点獲得となった。

決勝トーナメントへの進出に黄色信号のメキシコ、
次回の相手は強豪ポルトガル、一方のメキシコはイラン、
明日の試合でポルトガルが順当に勝てば、ポルトガルの1抜け、
問題はこのあと、イランが1人で負けをかぶるとなると、
アンゴラの勝ち点は4、メキシコがポルトガルに負けた場合、
勝ち点で並ぶことになる、その場合得失点差になるが、
メキシコがポルトガルに1点差で負けたと仮定すると、
得失点差は+1になる、アンゴラは現在ー1なので、
2点差勝利で並ぶことになる、並んだ場合は総得点で決まる、
メキシコは総得点3、アンゴラは0、
これは非常に面白い2試合になりそう。

メキシコ0 0アンゴラ
前半0-0 後半0-0

メキシコ得点
なし

アンゴラ得点
なし

この試合の詳細、写真などは公式サイトでどうぞ!

ポッドキャストブログはこちら
スポンサーサイト
2006ワールドカップ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gaia.blog2.fc2.com/tb.php/282-45416f93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲ダウンロードOnGen▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。