スポーツに関することを中心に、ライブ活動(裏方)についても書きつづっています。 一口馬主に関すること、競馬予想も随時書いていきます!9年間発行しているメルマガもよろしく!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
10日目の初戦は日本対クロアチア、
勝たなければならない戦い、日本は4-4-2で挑んだ。

試合開始早々、怪我から復帰した右サイドの加地へ、
しかしボールは長すぎてタッチラインを割る、
これが強豪国のテクニックとの差を象徴したプレー。

前半戦はこの前の日本と変わって、なかなかの連携を見せる、
それゆえにチャンスもそれなりに多くなる、
しかしシュートまでには行けず、逆にクロアチアの、
ミドルシュートが飛んでくる、これはしっかり川口が止める。

20分過ぎ、日本のペナルティエリア内で宮本がファウル、
PKを与えてしまう、と同時にイエローカードが出て、
宮本は累積で次のブラジル戦は出場停止。

クロアチアは先制する絶好のチャンス、キッカーはルスナ、
ゴール右サイドの下へ蹴ると、それに川口が反応!
左手の先でボールをはじく!そのままゴールラインを割った。

川口の神がかりセーブが出て日本最大のピンチをすり抜けた。

これに勢いづく日本、35分ゴール前中央の中田から、
右サイドの中村へ展開すると、中村がゴール前にクロス、
しかしキーパーのプレティコサがキャッチ。

36分、ペナルティエリア前右サイドで中村がドリブル突破、
走り込んだ中田へ横パス、中田が強烈なミドルシュートを放つが、
クロアチアのキーパー、プレティコサが横っ飛びで止める。

37分中盤の中央でボールを受けた三都主が、
切り替えしでクロアチアDFをかわしてミドルシュート!
しかしボールはクロスバーの上を通過。

と、怒涛の攻めを見せた日本だったが得点には至らない。
(ここでお分かりの通り、3つのプレーにFWが絡んでいない)

前半はこの調子で終わるが、内容自体は悪く無い日本でした。

ポッドキャストブログはこちら
 
後半に入ると同時に福西に替えて稲本を投入、
疲れや守備面を考慮しての交代か。

その稲本が後半の3分にゴール前中央で稲本がボールを奪い、
前線左サイドの高原へロングパス、走りこんだが、
パスが僅かに長く、ボールはタッチラインを割った、
しかし、この形こそ日本が得点できる形。

6分には中盤のパス交換から、
高原とのワンツーで加地がDF裏右へ抜け出し、
ゴール前の柳沢へ折り返すが、柳沢が右足の外側に当てて、
シュートはゴール右へ外れる(左足だったら・・・)
当てるだけで良い絶好のチャンスを外してしまった。

その後、日本は柳沢に替えて玉田を投入、
玉田のスピードに期待をしての交代だったが、
それから玉田と言うより、前線にボールが行かなくなり、
ほとんどがクロアチアのペースになっている。

両チームともスタミナが切れてきて、動きが鈍くなるが、
日本の左サイド三都主、クロアチア右サイドのスルナは、
実に良く動き、タフネスさを見せた。

40分、日本は最後のカード大黒を高原に替えて投入、
クロアチアもスルナに替えてFWボシュニャクを入れる、
クロアチアはFWをドンドン投入して超攻撃態勢、
それを必死で守る日本だった、一瞬の隙でカウンターを
仕掛けるものの、中盤で動ける選手が居らず、
最後は守るのがやっとで、スコアレスドローとなった。

これで日本とクロアチアは共に勝ち点が1となり、
最終戦に決勝トーナメント進出の僅かながら可能性を残した。

最後はやはりスタミナ切れになった両チーム、
勝負は前半戦だった、福西や中田の良いミドルシュートがあり、
セットプレーからのチャンスもあったが、得点できない、
特に柳沢のシュートが右にそれたのが痛い、
あれが決まっていれば、後半2点でも3点でも入ったでしょう。
(たら・ればだからなんとでもいえますが(笑)

今回の選手交代についてはあまり文句を言う人は、
少ないかもしれないが、三都主については多そう(^^;

元々高度なディフェンス力を求めるのは無理な話しで、
フォワードと左ウイングが本職、攻撃力を得るために、
左サイドバックをしている、攻撃のためのリスクは仕方ない、
守備だけを尊重するならば、中田浩二や茂庭でも良い、
しかし、あのタフさやスピードは捨てられない、
タダでさえ点の取れない日本、リスクを背負うのは当然。

むしろ問題は柳沢と高原、
今日の試合は守り重視だったため、高原が戻るのは仕方ない、
しかし柳沢はなぜシュートを打たない、
今日のシュート数は日本12、クロアチア16、
日本の12本中、確認できただけでFWのシュートは3本、
柳沢1本、玉田2本、最も多くシュートしたのは中田だった。

コーナーキックの数も日本5、クロアチア11、
クロアチアが良い形を作っていたことの表れ。

崖っぷち・背水の陣・とにかく勝つしかない!
そんなブラジル戦でも、シュートチャンスは少ないはず、
ならばどんな形でもシュートできる選手、
日本得意のセットプレーに適した選手のスタメン起用を、
やはりここは、泥臭さのある巻きなのではないだろうか?

ジャパン0 0クロアチア
前半0-0 後半0-0

ジャパン得点
なし

クロアチア得点
なし

この試合の詳細、写真などは公式サイトでどうぞ!
スポンサーサイト
2006ワールドカップ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gaia.blog2.fc2.com/tb.php/286-0c14f370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲ダウンロードOnGen▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。