スポーツに関することを中心に、ライブ活動(裏方)についても書きつづっています。 一口馬主に関すること、競馬予想も随時書いていきます!9年間発行しているメルマガもよろしく!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
22日目はついに準決勝、
準決勝の1試合目は地元ドイツ対イタリア。

今大会ナンバー1の得点力ドイツと、
僅か1失点(オウン・ゴール)のみと堅い守備のイタリア。

試合は日本近海で、テポドン2だのノドンだのが飛び交う中、
序盤からイタリアが猛然と攻めて行く、
前半4分にトッティがペナルティエリア左外から、
フリーキックで直接ゴールを狙うが、レーマンがキャッチ。

負けじとドイツはボドルスキが左サイドからドリブル、
そしてミドルシュートを放つが、ディフェンスに当たってしまう。

さらにバラックやボドルスキがシュートを放つが、
ゴールにはならない。

その後ドイツ、イタリア共にチャンスを作るが、
両チームの堅い守りを崩せず、前半は0-0で終わる。

後半はドイツが主導権を握って攻める、
右サイドからのパスでボドルスキが受けると、
振り向きざまにシュート!
これをブッフォンが正面で弾くと、こぼれ球に反応した
フリードリヒがシュートしたが、ボールはゴール頭上へ、
このようになかなか得点出来ないため、
ボロウスキに替えて、ベンチスタートだった、
シュバインシュタイガーを投入する。

時を同じくしてイタリアはトーニに替えてジラルディーノを投入、
さらにドイツはシュナイダーに替えて快足オドンコアを入れる。

しかし両チームとも得点には結びつかず、
0-0のまま延長戦に突入する。

延長前半開始直後に、
イタリアはカモラネージに替えてイアキンタを投入。

イタリアはジラルディーノが右サイドからドリブルで切れ込み、
レーマンの右を抜けるシュートを放つが、
これはジャストミートせず、右ポストに当たって弾かれる。

さらにコーナーキックのこぼれ球をザンブロッタが、
ミドルシュートを放つ、しかしこれはクロスバーに当たる。

ここでイタリアは最後の選手交代、
ペロッタに替えてデルピエロを投入して、
なんとしても1点の構え。

そのあと攻められ続けたドイツ、今度は一転してチャンス、
右サイドのオドンコアが長いクロスを入れると、
絶妙のタイミングでフリーのボドルスキがヘディングシュート!
しかしこれがゴール右にそれてしまい、皆が頭を抱える。

延長後半、ドイツが最後の交代、
疲れが見えるクローゼに替えてノイヴィル、
その直後、再びボドルスキにボールが渡ると、
ブッフォンと1対1、左足でキーパー頭上を狙うシュート!
しかしこれをブッフォンが右手1本で素晴らしいクリア。

延長後半も残り僅かとなってきたが、
イタリアはトッティのロングボールを受けたイアキンタが、
ヒールでペナルティエリア内中央のジラルディーノへ、
これを軽くはたいて、走りこんできたデルピエロへ、
ペナルティエリア僅かに外からのシュートは、
ゴール左へそれてしまい、デルピエロも頭を抱える。

延長後半の14分、
正面のピルロからペナルティエリア内右のグロッソへパス、
これを直接シュート!
もうここしかない、と言うゴール左隅ギリギリに、
レーマンの右手の先を通り抜け、ゴールネットを揺らした。

延長後半ギリギリでイタリアが先制点を挙げる、
これには地元ドイツサポーターからは、悲鳴に近い声が漏れていた。

後がないドイツはパワープレーで攻めあがる、
しかし、その隙を突いたイタリアは、
ロスタイムの1分、
ディフェンスの裏を突き、ドリブルで上がるジラルディーノ、
ペナルティエリア前正面で左から走りこんできた、
デルピエロにパスを送ると、1対1となり、
レーマンの右上を抜けるシュートを決める!

そして試合終了の笛がなる。

開幕からあまり良いことを言われなかったドイツだったが、
1試合1試合で評価がうなぎのぼり、
決勝トーナメントに入ってからは、優勝を意識していたが、
期待が膨らんできたベスト4で、姿を消してしまった。

両チームの堅い守りが見応え十分だったが、
それは両チームの攻撃の素晴らしさの裏返しでもある、
最後の最後で劇的な終わり方を見せた、最初の準決勝だった。

ドイツ0 2イタリア
前半0-0 後半0-0
延長
前半0-0 後半0-2

ドイツ得点
なし

イタリア得点
ファビオ・グロッソ(延長後半14分)
アレッサンドロ・デル・ピエーロ(延長後半16分)

この試合の詳細、写真などは公式サイトでどうぞ!

ポッドキャストブログはこちら

中田英寿選手の引退が発表されましたが、
あとを継ぐ、日本代表選手は誰だと思いますか?

アンケートページを作ったので、
良かったら投票をお願いします。
日本代表のチームリーダーは誰だ!?
スポンサーサイト
2006ワールドカップ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gaia.blog2.fc2.com/tb.php/321-43012423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲ダウンロードOnGen▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。