スポーツに関することを中心に、ライブ活動(裏方)についても書きつづっています。 一口馬主に関すること、競馬予想も随時書いていきます!9年間発行しているメルマガもよろしく!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
昨日は東京都知事選を筆頭に、13の都道県知事選挙が行われ、
全てにおいて現職が当選する結果でした。

他の県議選や市議選では自民と共産が議席を減らし、
民主が大幅に議席を増やしたと言う、
これも、改革を求める市民の声と言うものでしょう。

都知事には石原慎太郎知事が3選を大差で果たしたが、
この影には、あの日本赤軍のあさま山荘立てこもり事件で、
陣頭指揮をとり、映画にもなった佐々淳行選対本部長がいた、
石原氏にはともかく謙虚に低姿勢に、そして石原軍団は使うな!
これをずーっと言い続けて、今回の結果になったそうな、
確かに、誤りを認め反省する石原慎太郎と言うのは新鮮だった、
ま、当選したらアッサリとあの態度に戻ったけど・・・(^^;

ワタクシは埼玉県民でとは言え、さいたま市民ではないので、
埼玉県議会選挙のみの参加となったが、
(投票した市民政党の新人が当選し、自民公認現職は落選)
ど~も県議と言う物が良く分からない・・・、
なんとなく中途半端な位置に入る気がする。

市議会議員は同じ建物に住んでいたり、
街を歩けばすれ違うなど、身近に感じ顔も名前もわかる、
しかし県議と言うのは?
地元の場合は市議から県議になる人が多いので、
ある程度、顔や名前はわかるものの、
いざ当選したあとに、何をしているのかが良く分からない、
調べてないからだと言われればそれまでだが、
市議会は、市議会たよりと言う感じの印刷物が新聞に入っている、
しかし、県議会たよりは入っていない、
国政はテレビなどで良く見るが、県政となると・・・。
都道府県議会と言うものは果たして必要なのだろうか?

今は47の都道府県が存在し、それの長もいる、
ならば議会もあるのは自然な流れではあるものの、
市議と国会議員との狭間で、目立たない都道府県議会議員、
今後、道州制の導入が本格的に検討され実行となれば、
全国の自治体がいくつかに別れ、その中に地方自治が存在する、
いわばアメリカ的な地方自治になっていくのでしょう。

現在の都道府県を10程度の道州に再編し、
その長と議会を設置し、議員数は現在の総都道府県議会議員の、
30~40%程度として、財政負担を軽減し、
道州内で今の市区町村にあたる市を約300程度設置し、
その各市を1つの選挙区として、衆議院選挙を行う、
(比例代表は廃止)
衆議院定数の大幅削減により、こちらも財政負担を軽減、
また、参議院は完全比例代表として道州で人口に併せて、
定数を振り分ける、人数は約80人程度、
これにより同じく財政負担の軽減も出来、
現在の比例代表並立制で落選したはずの候補者が、
比例で当選するといった、わけのわからんこともなくなる。

こうすると、広い選挙区で移動や事務所費にお金が掛かり、
国政へ一般人が立候補し当選することは難しくなるが、
そこは、インターネットと言う文明の利器がある。

今回東京都知事選挙でワタクシと同じようなヘアスタイルの(^^;
外山氏が独特の政見放送が話題となり、ネット動画サイトへ
続々とアップされた、そして投票結果を見ると・・・、
投票結果はこちらをご覧下さい。

なんと!
15,059票も獲得している!!

普段あのようなタイプの候補者は数千票取ればいい方、
しかし万単位で得票した、これは例外と言える数字、
ネットはスポーツや芸能、経済では第3メディアに発展したが、
政治の世界でも既に第3のメディアに成長したと言うこと、
このネットでの政治・選挙活動を規制する公職選挙法は、
”時代遅れ”
と言うべき法律、これを早急に変えていかなくてはならない!

今回の外山氏の件は、ネットユーザーが勝手にアップし、
それが口コミで広がり、効果的な宣伝媒体であると実証された、
そうなると、いわゆる”勝手連”が応援する候補者の映像を、
”勝手に”アップして行く可能性があるのではないだろうか?

そしてその応援された候補者が当選した場合、
その当選者と勝手連はどうなるのか?
公職選挙法の連座制は勝手連まで広くないはず、
と言うことは、やったもん勝ちか?

それはいくらなんでもあり得ない・・・。

やはりここは、ネット上での政治及び選挙活動を認め、
それにあった法律を制定し、違反者をしっかりと取り締まることが、
必要となってきているのではないでしょうか。
(現在の公職選挙法は、次の○○選挙に出ます!と言ったら、
 ブログも書いてはいけないことになっている、
 ワタクシが今ここで、夏の参議院選に出馬します!
 と言ったら、今後このブログは更新できなくなると言う法律)

ネットでは大してお金をかけることなく活動が出来る、
この利点を、政治の世界に持っていきたいものです。
 
スポンサーサイト
政治 | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
 私の住んでいる市の選挙区は無投票でした。
 しかも香川県は過半数の選挙区で無投票という盛り上がりに欠けるものでしたよ。
 自民党以外の政党は県都高松以外では議席が取れないし。

 私は会社勤めをしているのですが、会社に労組はありません。
 会社を挙げて応援するのは、会社の危機(財政面や悪いことではない)を救っていただいた首相経験者の後継候補を衆院選で応援するくらいでしょうか。
 労組があるのもある意味きついですよね。

 実家の近くにいるうちの姉の会社が旧民社党系の労組に入ってるんですけど、姉の中学時代の友人の旦那が自民党から立候補してたんですよ。
 長年にわたって自民系候補が議席を守る無風区だったのですが、今回は民主系無所属が議席を奪う波乱の結果に。
 地方の選挙なので知名度の差といえばそれまでですが。

 会社の縛りを解いて応援して負けるのもある意味きついものがありますね。
 少なくともあと一人そういう方いますけど、会社で気まずいことにならないように私は祈るのみです。
 投票の秘密は守られるわけですから。

 
2007/04/09(月) 20:56 | URL | ペリカン #83cFgM0c[ 編集]
結構無投票は多かったようですね。
埼玉県議でもいくつかありましたが、
それを嫌って現職の市長の長男が、突如出馬し、
選挙になって大慌てした地域もあったようです、
ちなみにその長男は当選しました。

その昔、親戚が市長や県議に3回出馬して、
いずれも次点で敗れました。
2007/04/10(火) 08:02 | URL | た~ちゃん #/QgofAyY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gaia.blog2.fc2.com/tb.php/500-7a87507f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲ダウンロードOnGen▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。