スポーツに関することを中心に、ライブ活動(裏方)についても書きつづっています。 一口馬主に関すること、競馬予想も随時書いていきます!9年間発行しているメルマガもよろしく!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
昨年はディープインパクト一色だった天皇賞・春、
今年は一転して混戦ムードが漂っている、
上位人気は長距離戦連勝中のアイポッパー、
オーストラリアGIを勝ったデルタブルース、
昨年春の2冠馬メイショウサムソンが分け合っているが、
この3頭以外の馬をズバリ本命!!

20世紀から発行しているメルマガもよろしく!

・京都11R 第135回 天皇賞・春 GI 芝3200m

◎12トウカイトリック
○15デルタブルース
▲6メイショウサムソン
△1マツリダゴッホ
△5アドマイヤタイトル
△8アイポッパー
△10トウショウナイト

過去の成績を見てみると4歳馬、5歳馬の連対が目立つ、
過去10年で6歳以上の馬が連に絡んだのは、
10年前のサクラローレル、昨年のリンカーン共に6歳、
一昨年の7歳馬ビッグゴールドの3頭のみ、
高齢馬には厳しいレースと言うことがわかる。
そこで本命にはトウカイトリック、
昨年は9着に終わったが、前哨戦の阪神大賞典では、
ディープインパクトの2着と言う結果を残している、
その後、休養明けからは長距離を中心に使い、
ステイヤーズS、万葉Sで2着、ダイヤモンドSでは、
57キロのハンデを背負いながら、堂々の勝利、
前走の阪神大賞典は出遅れもあり3着となったが、
34秒ジャストの上がりを記録、今回も最後の決め手を
生かす勝負になることが予想され、武器になるのは確実。

相手にはデルタブルース、
メルボルンカップを勝っているだけに軽くは見れない、
しかし、どうしてもパンチ力不足の印象も残る、
大外枠だけに先行集団を見ながら、馬郡に包まれることなく、
やや早めの仕掛けで勝負できれば、粘りを見せそう。

他で気になるのがアドマイヤタイトル、
条件戦を勝ちあがって前走は重賞初挑戦、
出遅れながらも4着、血統的にも面白く、
追い込む切れを生かして、無欲で挑めば馬券に絡む可能性。

■買い目
馬単12-15 15-12
馬連6-12
ワイド1-12 5-12 8-12 10-12 6-15
3連単
12-15軸に1,5,6,8,10へ5点流し
15-12軸に1,5,6,8,10へ5点流し
 
スポンサーサイト
競馬予想 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gaia.blog2.fc2.com/tb.php/513-c73c90e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲ダウンロードOnGen▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。