スポーツに関することを中心に、ライブ活動(裏方)についても書きつづっています。 一口馬主に関すること、競馬予想も随時書いていきます!9年間発行しているメルマガもよろしく!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
3日後に迫った、参議院議員選挙の投票日、
前回の総選挙に引き続き、各党のマニフェストで、
注目の政策について比較をしていきます。

まずは今回の争点となっている、年金から。

【年金】
年金の制度改革や仕組みについてのマニフェスト比較です。

自民党
すべての被保険者に「ねんきん定期便」を送付する。
住民基本台帳ネットワークと連携し、コンピューターシステムの刷新や
カードシステムの導入などで2011年度にも
新たな年金記録管理システムの構築を図る。
年金記録のうち基礎年金番号に統合されていない約5000万口は、
1年以内にすべての名寄せを完了する。
厚生年金と共済年金の早期一元化のため、
被用者年金一元化法案の早期成立に全力を挙げる。

公明党
「ねんきん定期便」を拡充し、2008年4月からすべての被保険者に対して、
毎年、加入期間、納付履歴などを本人に知らせる。
基礎年金番号を軸として、年金・医療・介護の負担と給付を総合的に
管理する総合社会保障口座を創設する。
厚生年金と共済年金の一元化、
女性の年金権の確立、厚生年金、共済年金の個人単位化を進める。

以上が与党の年金政策、
当然ながら「ねんきん定期便」や一元化は同じ政策、
自民は注に浮いた年金を1年以内に解決する、
公明は女性の年金権の確立で、独自色を出している。

民主党
約1億人の公的年金加入者に対して、国が責任を持って保険料納付データを届け、
納付履歴を確認できるようにする。
銀行通帳と同じように、すべての加入者にすべての納付履歴を記載する
「年金通帳」を交付し、いつでも自分の記録を確認できるようにする。
すべての年金を例外なく一元化する。
基礎(最低保障)部分の財源はすべて税とし、
高額所得者に対する給付の一部ないし全部を制限する。
消費税は全額年金財源に充当する。

共産党
すべての受給者、加入者に保険料納付記録を送付し、国民の不安に応える。
物証がなくても、申し立てや証言などを尊重して支給する。
年金受給のための(加入期間の)条件を、(現行の25年以上から)
諸外国並みの10年以上に直ちに引き下げる。
全額国庫負担による最低保障年金制度を創設する。
当面、すべての国民に月5万円の最低額を保障し、
支払った保険料に応じた一定額を上乗せする年金制度の開始を提案する。

社民党
社会保険労務士や弁護士らも加わった「年金レスキュー隊」(専門家チーム)
を設置して調査や勧告の権限を持たせ、
加入者の立場に立って国民の受給権を回復する。
年金記録の確認の立証責任を(加入者・受給者側から)国に転換する。
自分で加入期間や自分が納めた保険料の履歴、
将来の受け取り見込み額を知ることができる「マイ年金通帳」を作る。
国民すべてが受け取れる全額税方式の「基礎的暮らし年金」と、
企業の社会的責任を踏まえた「所得比例年金」で老後の安心を確保する。

国民新党
記録漏れ問題は、社会保険庁の立証責任による早期完全解決を図る。
思い切った制度簡素化、年金格差の解消を実現する。
基礎年金に全額税方式を導入し、生活保護費相当額へ増額する。
年金受給に必要な加入期間を25年以上と定めた条項を撤廃する。

新党日本
毎月の積み立て実績と将来の支給額を明確に印字する「年金通帳」を導入する。

野党は揃って、いわゆる「年金手帳」の導入を提唱。

主だった具体案としては、民主党と共産党が目立つ、
中でも民主党は、与党同様に年金の一元化を唱え、
独自色として、最低基礎年金の支給を提唱している。

つまり、1円も納めていない人でもある程度の年金はもらえる、
(ただし年収の多い人はそれに応じて減額される1.200万円以上で0円)
それにプラスして、年金を納めてきた人は納めた額に応じて更にもらえる、
最低補償額をもらえると言う点は、共産党も同じ、
共産党は10年収めれば支給開始、としているが、
財源の面でこれは相当厳しい、それでいて消費税反対では・・・。

なお、このほかに比例代表には、
維新政党・新風9条ネット共生新党女性党が立候補しています。
続いて注目選挙区について。

定数が1つ増えて5となり、自民と民主が2議席獲得を狙う東京選挙区!

趣味にしている人も含めて、多くの立候補者が出る東京、
今回は20人が立候補、しかし無所属でも知名度の高い候補者がいて、
その候補者達への票によって、2議席獲得政党無しの可能性も!?

自民の保坂三蔵氏、民主の鈴木寛氏、公明の山口那津男氏、
以上の3人が現職で、ほぼ堅いか、
残る2議席を争い新人17人がしのぎを削る。

その中でも注目は、イエスこと又吉光雄氏ではなく、
発明王!ドクター・中松氏でもなく、
埼玉で同姓同名が立候補の沢田哲夫氏でもなく、
都知事選に続いての共生新党・黒川記章氏、
日テレでお馴染みだった国民新党・中村慶一郎氏でもなく、
・・・、公平性に疲れてきました(笑)

東条英機元総理の孫、東条由布子氏、
靖国問題が言われる中で出馬、東条英機元総理の思いを含め、
日本人しか知らない真実の歴史を明確に伝えたいと主張している。

正直言って当選となるかは、かなり厳しい物があるが、
今回の出馬には非常に大きな意味があると思う、
靖国神社には、A級戦犯も祭られているが、
沖縄から集団疎開時に連合軍の攻撃で沈んだ船に乗っていた、
小学生も祭られていることを、今回のことで知ることが出来ました。

他では、あっ!とおどろく放送局に出演経験もある、
世界で一番小さなデジタル放送局グループ
KNN KandaNewsNetworksの神田敏晶氏、
「インターネットによる選挙を今すぐにでも解禁する!」
これを訴えるために出馬、今回は検討されながらも、
時間が無かったと言うことで見送られた、ネットでの選挙活動、
次期総選挙では、導入されることを願いつつ、
神田さんに1票入れたいと思います(気持ちだけネ、埼玉県民なので)

その他、HIV薬害エイズ訴訟の原告だった川田龍平氏、
母悦子氏は元衆議院議員、親子で薬害エイズの真相究明を訴えている。

演説は東条由布子氏同様にお世辞にも上手とはいえないが、
普通の言葉が有権者にどのような影響を与えるかがカギ、
ただ、長年表舞台で活動をしてきただけあり、
支持者、支持団体は多く混戦になると力を発揮しそう。

その他、政党公認候補者は、
共産党・田村智子氏、社民党・杉浦ひとみ氏、
民主党・大河原雅子氏、自民党・丸川珠代氏。

実質、自民と民主の一騎打ちで痛み分けの可能性が高い、
自民は知名度の高い元テレビ朝日アナウンサー、
民主は都議としての実績と知名度がある元都議、
仲良く1つづつの議席を取りそうでもあるが、
票が割れたときには、確かな組織票のある共産党が一角を崩すか?。

更にその他には以下の方が立候補しています。

フリーウェイクラブ・和合秀典氏、議員を半減させる会・須田喜久夫氏、
維新政党・新風・鈴木信行氏、日本スマイル党・マック赤坂氏、
無所属・新井徹夫氏。

スポンサーサイト
政治 | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
期日前投票してきました。
参院逆転希望です。
これで、国会も緊張感が出て、良くなると思いたい。
各党、是々非々で動いてもらいたいですね。

今、私が感じてる事は、年金、生活格差、消費税、憲法、教育などです。
なんか、暮らしてて、格差が凄いって感じます。

働けど働けど、我が生活、楽にならず!!!
2007/07/28(土) 08:49 | URL | 広島のtakashi #TkSw/e0A[ 編集]
国会で緊張感のなさは感じます、
強行採決の嵐もその一つでしょう。

もっとはっきりと発言してもらいたいものですね、
特に閣僚は(^^;
2007/07/28(土) 14:59 | URL | た~ちゃん #/QgofAyY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gaia.blog2.fc2.com/tb.php/574-d936a840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲ダウンロードOnGen▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。