スポーツに関することを中心に、ライブ活動(裏方)についても書きつづっています。 一口馬主に関すること、競馬予想も随時書いていきます!9年間発行しているメルマガもよろしく!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
このブログを始める前に、こちらのコラムサイトで、
各党のマニフェスト(政権公約)を比較してきました、
今回からはこちらで行っています。

本日はいくつもの問題が積み上がっている、
外交に関してのマニフェスト比較です。

<各党マニフェスト要点>

自民党
・「日米同盟と国際協調」世界の平和と繁栄のために、
 日米関係をさらに強化。

・北朝鮮による拉致問題は、
 経済制裁の発動を含め拉致問題の解決に全力を傾注する。

・防衛体制として弾道ミサイル防衛システムの配備を行うとともに、
 大規模なテロ・ゲリラへの対策、NBC(核、生物・化学)兵器および
 サイバー攻撃対策の強化。

・国連を中心とする国際協調によって、平和外交を積極的に展開、
 国際協力を遂行するために自衛隊法を改正する、
 防衛庁を「防衛省」に変え、自衛官に一層の名誉と誇りを与える。

・領土問題について、北方四島と竹島問題は粘り強く解決を目指し、
 東シナ海での海洋資源開発および大陸棚調査の推進。

要約すると、
日米同盟を軸に、日本の防衛を強化し、
国連での活躍をアピールすることにより、国際的地位の向上を目指す、
外国での活動に制限のある自衛隊は、法改正をし活動しやすくし、
更なる国際貢献を各地で行いたい、
北朝鮮に対する姿勢は、強気の姿勢で挑みたい、
領土問題はこれまで同様の姿勢で交渉する。

民主党
・靖国問題がある中、戦争で犠牲になった方々や、
 国際公務に携わる中で命を落とした方々のため
 国立追悼施設の建立を提案。

・関係が悪化している、中国や韓国との関係を再構築し、
 経済・文化の交流で活性化をしていく、
 また、地域の相互協力と信頼醸成のため、
 東アジア共同体の構築をめざす。

・日米同盟をアジア・太平洋地域の安定の要とする一方、
 必要に応じ米国に自制を促すことを主張していき、
 日米地位協定の改定、米軍再編にあわせた米軍基地の機能分散、
 普天間基地の早期返還を求める。

・北朝鮮問題では、拉致事件、核・ミサイル問題の解決を強く迫り、
 関係法令に基づく措置の発動も視野に入れ、
 早期に実質的・具体的な進展がみられない場合、
 国連安保理での問題解決を求める。

・イラクの自衛隊を12月で撤退させるとともに、
 サマワの深刻な失業問題への対応など、
 イラク復興に向けODAを活用した積極的な支援を行う。

要約すると、アメリカとは言葉だけの対等同盟ではなく、
実際に「意見を言える」対等同盟の関係にしていくと共に、
日本に不利益な日米地位協定を改定し、米軍基地の再編をする、
北朝鮮問題は強い姿勢で挑み、進展無き場合は国連安保理での
問題解決を求める、またイラクの自衛隊は12月で撤退、
その代わりにODAなどでの復興支援を積極的に行う。
 
公明党
・日本がアジア諸国から信頼されるために、
 「新たな平和・人道外交」を推進するため、
 アジア各国とEPA(経済連携協定)や
 FTA(自由貿易協定)を積極的に結びアジア地域の経済安定に貢献。

・反日運動が広がりを見せる中国・韓国については、
 芸術家や文化人など民間人を積極的に招聘することで、
 人の交流を推し進め、対日理解を促進していく。

・自衛隊の派遣が続いているイラクについても、
 ODAを有効に活用することで、医療、教育、通信・放送、地雷・
 不発弾処理などの支援を継続する。

・北朝鮮の拉致・核施設問題については、解決に全力を傾け、
 北朝鮮の対応次第では、経済的な制裁措置など、
 圧力をかけることも辞さない強い構えで臨む。

要約すると、アジアでの信頼を得るためアジア地域の経済安定に貢献、
それと共に人的交流で対日理解をしてもらう、
イラクの自衛隊は引き続き活動してもらいながらも、
ODAの活用で支援を続けていく、北朝鮮に対しては強い構えで臨む。

共産党
・「海外で戦争をする国」にしないため、憲法第9条をまもり、
 アメリカ言いなり外交をかえる。

・日本外交のゆきづまりの大きな要因になっている過去の侵略戦争と
 植民地支配を正当化する動きに反対し、
 首相の靖国神社参拝の中止を要求する。

・自主独立の立場で「野党外交」をすすめ、国連憲章の精神にそった
 平和の国際秩序を確立するために努力し、
 自衛隊のイラクからの撤兵を要求する。

・日朝関係の前向きの打開のために、「日朝平壌宣言」を堅持し、
 双方が拉致問題の解決に必要な努力をつくすこと、
 交渉打ち切りや「力の政策」などをいましめあうこと、
 「6ヵ国協議」を通じて諸問題を解決することを働きかける。

要約すると、
アメリカ主義を変え、言われるままに派遣しているイラクの自衛隊を撤退
海外での戦争をしない国、日本にするべく憲法9条を守る、
北朝鮮問題は、日朝平壌宣言を基に6カ国協議を通じて解決を働きかける。

社民党
・本国憲法の理念を具体化するための法整備を進める、
 「平和的生存権」を実効的に保障するための「平和基本法」や、
 国是である非核三原則を法制化するための「非核基本法」を
 制定する。

・当面、自衛隊は専守防衛の理念を厳密に守りながら、
 必要最低限の規模に再編・縮小する。

・日米関係は重視しますが、
 ブッシュ政権への無批判な追従政策は改め、
 自衛隊はイラクから撤退します。

・過去の侵略戦争を賛美する靖国神社への政府首脳の公式参拝は、
 政教分離を定めた憲法にも違反するため、強く反対、
 すべての戦没者のための国立の無宗教追悼施設をつくる。

・北朝鮮の拉致問題については国交正常化交渉を
 めざす対話のなかで、一刻も早い解決を目指す。

要約すると、憲法を守り、憲法に基づいた平和を求めていく、
自衛隊は徐々に縮小をさせていくが、当面は専守防衛で存在させるが、
アメリカの言いなりで派遣しているイラクの自衛隊は撤退、
靖国問題は国が無宗教追悼施設を作る。

国民新党
・拉致問題の早期解決=自立した外交・防衛。

・友好関係の構築に勝る安全保障はないとの観点に立ち、
 自主独立の外交を展開。

要約すると、日本の外交で友和を目指す。

新党日本
・特に明記無し

自由連合
・国連の医療・教育・経済分野の人道・復興支援などに
 積極的に取組む。

・北朝鮮の日本人拉致事件は、拉致議員連盟の一員として、
 早急な解決を求める。

・アジアの近隣諸国、アフリカなど発展途上国と、人道上の見地から、
 医療・福祉などの交流を深める外交政策を展開する。

・イラク特措法による自衛隊の派遣は行なわない。
 医療・衛星・水・教育・産業支援など人道上の支援につとめる。

要約すると、国際貢献は医療や教育で行い、自衛隊の派遣をしない、
発展途上国でも人道支援をする。

以上が外交マニフェストの比較でした。

かんたんに比較すれば、与党はアメリカと仲良くなんでも協力、
野党は、仲良くするけど嫌なものは嫌だと言うよ!
と言う感じになっています。

外交マニフェストでの支持する政党は、
民主党になるが、各党が領土問題はあまり触れられておらず残念、
特に北方四島に関しては細かに書いて欲しかった。

対等同盟に一応はなっているので、野党側の意見が良いのでしょう、
しかし、日本はアメリカの属国みたいなものであると言うことは、
紛れもない事実、それをあらわす良い出来事が今年ありました、
国連常任理事国入りしたい日本に、同盟国なら賛成しいてくれそうな
アメリカが、さっさと好ましくない発言!
国連のアナン事務総長が推してくれてもこれでは・・・。

これから21世紀の日本が国際的に自立するには、
”アメリカからの卒業”が必要不可欠でしょう、
しかしそうすると、アジアの目が非常に怖くなってくる、
北を筆頭に中国も怖い、台湾との紛争に巻き込まれる可能性もある、
そうなった場合、今の自衛隊では到底歯が立たない、
航空機による攻撃などでは、日本には最高速マッハ2.5の、
F-15戦闘機と言うのが200機以上あり、それなりの対処は出来そう、
しかし、弾道ミサイルを打たれたらお手上げで、
アメリカとの弾道ミサイル防衛システムを強化していくしかない。

つまり、日本が次にしなくてはならないことは、
アメリカのご機嫌取りをほどほどにしつつ、
アジアとの和平、アジアからの信頼を得ること、
そのためには、民間レベルはもちろん、政府レベルでも、
歴史に関する考え方の溝を埋めていく努力と、
意地を張り合わない、大人の外交をしていくべきで、
それに見合うだけの、国際貢献が必要になってくる。

自衛隊に関しては色々な意見が多く、皆が納得する自衛隊には、
そう簡単になれそうにもないが、
個人的には、
自衛隊と言う名前である必要はなく、日本軍でもいいと思う、
”軍=侵略戦争”
と言うイメージがあるのだろうが、
諸外国を見ていただきたい、侵略戦争で軍隊を動かしている国と、
国内の災害対策で軍隊を動かしている国、どちらが多いですか?

小さい国をのぞけば、侵略目的で軍を動かしているのは、
アメリカとロシアくらいなもので(イラクやチェチェンなど)、
東アジアで言えば、どこも外国への侵略戦争はしていませんよ!

第一、外国で自衛隊と言ったって日本の軍隊としか捉えていない、
言葉だけで、意思は伝わらない、行動をしてこそ全ての思いが伝わる、
これは個人レベルでのことでも同じでしょう。

いい加減、言葉(名称)でもめるのはやめましょう。
スポンサーサイト
政治 | トラックバック:3 | コメント:2 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
アメリカのご機嫌取りをほどほど
に、アジアの信頼を得る。
その調整が難しいですね。
でも、必ず出来るはず。
2005/09/03(土) 01:35 | URL | イプサム #-[ 編集]
そのままが続いてますからね、
一つ一つ、市民レベルでもやれることはやりたいです。
2005/09/03(土) 01:57 | URL | た~ちゃん #/QgofAyY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 9月11日、衆議院総選挙が行われます。この選挙は郵政問題が一番の争点となされていますが、僕にとってはそれは「小さな一つの話」でしかありません。問題は「安全保障政策」であります! それを各党毎に分けて、ひとつひとつ見ていきたいと思います。    ①自民党・日米
2005/09/10(土) 11:41:05 | こでんのblog
地球が太陽系に誕生してから46億年、植物や動物の死骸が、気の遠くなるような長い年月をかけて変質し、化石燃料となった。化石のうち、植物性のものは石炭に、動物性のものは石油や天然ガスになった。 46億年かけて蓄積された石油が本格的に採掘されて約100年。1900年頃、ア
2005/09/11(日) 16:55:47 | Hotta World:: 「活・喝・勝」
今回はすごい選挙でしたね。毎日、宣伝カーがものすごい勢いで通っていったけど選挙となると、やはりお金がかかりそうですね。あのくらいたくさんの人たちが選挙で働いてます。そのお金はどこからくるのでしょうか。やはり税金なのですかね。
2005/09/12(月) 21:36:11 | 虹色の彼方に

▲ダウンロードOnGen▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。